社長の活動

社長の活動

近衞 忠煇(このえ ただてる)社長、1964(昭和39)年に入社。

赤十字の第一線で活動を続け、2005(平成17)年に日本赤十字社社長に就任、現在に至る。

2009(平成21)年には、アジアで初めて国際赤十字・赤新月社連盟(世界190の国と地域)の会長にも就任、現在二期目を務める。

社長プロフィール(PDF:138KB)

社長メッセージ

活動報告

  4月24~26日、35か国の赤十字・赤新月社、赤十字国際委員会(ICRC)、国際赤十字・赤新月社連盟が被爆地長崎に結集、最終日には会議を総括する『長崎宣言』と核のない世界を実現するための4...

近衞社長は国際赤十字赤新月社連盟(以下、連盟)会長として12月3日から10日間、北朝鮮を訪問しました。1998年以来2度目の訪朝でした。 復興住宅に住む被災者を訪問する近衞社長  北朝鮮では...

スピーチ

本日はご多用のところ、代議員会にご出席をいただきまして誠にありがとうございます。 本日の代議員会では、平成29年度の事業計画と収支予算等をご審議いただくこととしておりますが、はじめに私から、...

挨拶をする近衞忠煇社長(写真左)、大塚義治副社長(同右) 本日はご多用のところ、また天候不順の中、代議員会にご出席をいただき、誠にありがとうございます。 本日は、平成二十七年度の決算について...