社長の活動

社長の活動

近衞 忠煇(このえ ただてる)社長、1964(昭和39)年に入社。

赤十字の第一線で活動を続け、2005(平成17)年に日本赤十字社社長に就任、現在に至る。

2009(平成21)年には、アジアで初めて国際赤十字・赤新月社連盟(世界191の国と地域)の会長にも就任、2017(平成29)年11月まで二期8年を務めた。

社長プロフィール(PDF:142KB)

社長メッセージ

活動報告

5月8日(世界赤十字デー)は、赤十字創設者アンリ・デュナンと、近衞忠煇社長の誕生日。※ 近衞社長の日赤への入社のきっかけは、 「デュナンと同じ誕生日という偶然に運命を感じたんだよ。」(...

ご臨席の皆様  ここで8分の時間を頂戴して、この8年間を…いや78年間を振り返らせて下さい。 2017年11月8日 トルコでの連盟総会最後のスピーチ ええ78年前、確かに1939年の...

スピーチ

ご多用のところ代議員会にご出席をいただき、誠にありがとうございます。本日は、平成29年度の決算などについてご審議いただくこととしておりますが、その前に一言ご挨拶を申し上げます。名誉総裁皇后陛下...

5月16日に、全国赤十字大会が明治神宮において開催されました。 皇后陛下が30年に亘って、お示しになった赤十字活動への深いご理解と、励ましのお言葉などに対して、近衞社長は心からの感謝の意を表し...