長浜市での献血の取り組み

shiga_kigyo.jpg

長浜市役所 健康推進課
 主事 谷澤 佑一 様

当市は琵琶湖の東北部に位置し、県内でも優れた自然景観と観音の里など歴史的遺産を有する、人口約12万人の市です。

現在当市では、献血推進事業として商業施設に定期的にバスが配置され、多くの市民の方に献血に協力いただく「市民献血デー」や、民間団体1000人献血の会(事務局 長浜市健康推進課内)との協働による献血イベントの実施等を行っています。また、「献血の機運」を後世に繋ぐため、民間企業でのポスター掲示や高校での周知、啓発など幅広い世代へのアプローチを行っています。

今年の夏で28回目を迎えた1000人献血の会のイベントでは、地域の学生や団体の市民の力によるイベントを通じた献血の普及を継続して行っています。また、新たな献血者を増やす取り組みとして、多くの民間企業や団体の方々と意見を交わし、周知への協力をいただきました。その場では協力を得られないこともありますが、「できること」を考えてくださる方々も多くいます。

献血会場で献血の受付をされた方々とお話していますと、「今回、採血できなかった。ごめん。」とおっしゃる方がいました。本当に「献血」というものが、このような温かい気持ちで成り立っているのだなと感じさせられます。

献血を推進し、安定した血液の供給を未来に繋いでいくためには、地域の力が必要で、日々関係者には感謝し、献血推進に取り組んでいます。