東京トヨペット株式会社は日本赤十字社と連携して、地域の方々の安心・安全の向上に取り組んでいます

tokyo_kigyo.jpg

東京トヨペット株式会社 夢づくり推進部広報グループ
 河島 崇 様

東京トヨペット株式会社では、2003(平成15)年の当社創立50周年の記念事業として、また、規模を活かした身近な社会貢献活動とし、団体献血を13年間続けてまいりました。特に冬場から春先にかけては献血者が減少しがちになるとのことで、毎年3月から4月に、本社の特設会場と都内各所の当社拠点(約10か所)に配車した献血バスにて社員や協力会社が参加しています。これまでの参加者は延べ9,000名を超え、2015(平成27)年には日本赤十字社東京都支部から「支部長感謝状(金枠)」をいただきました。

本年も3月8日から3日間の本社特設会場を皮切りとして、4月6日から14日に都内各所の拠点へ献血バス9台を配車します。

また、この献血活動をきっかけに日本赤十字社東京都支部との共同事業を模索するなかで、2015(平成27)年4月に「災害時地域救護活動に関する協定」を締結し、支部職員による当社社員への「救護スキル研修」の実施、大災害発生時には都内各所の当社敷地に救護ステーションを設置するなど、互いに連携してお客様や地域の方々の更なる安心、安全の向上に取り組んでいます。