地域社会への奉仕。国際ロータリー第2660地区ローターアクト地区献血

osaka_kigyo.jpg

国際ロータリー第2660地区 地区ローターアクト代表
 大角慶規様

ローターアクトクラブは、「奉仕を通じての親睦」を標語として社会奉仕(ボランティア)・国際奉仕(国際交流)・専門知識開発・会員間の親睦などと大きく4種類に分けて積極的に活動する18 ~30歳までの社会人や学生の青年男女が属する組織です。国内だけでなく全世界に存在し、ロータリークラブが提唱している組織で、その活動を通じて地域社会における将来の指導者を育成するプログラムです。私達の国際ロータリー第2660地区には、19クラブのローターアクトクラブがあり、約270人が活動しています。

主な献血活動といたしましては、1994(平成6)年から継続して実施しております「地区献血」です。献血者が減少する夏と冬の年2回地区内のクラブメンバーやロータリークラブ関係者延べ400名が集い、大阪府の5ヶ所で献血の呼びかけを行っています。

現在、若者の献血者数が減少しているということで、同じ世代の私達が献血の呼びかけをすることにより、青年の献血者数が増えるとともに、若者の献血に対する理解にも貢献できていると感じております。献血呼びかけへの協力は、手軽にでき、地域に根ざしたボランティアであり、かつ血液を要する人々への助けとなります。この大切な活動を今後も継続して行っていきたいと考えております。ぜひ皆様のご協力お待ちしております。