㈱アイムホームの献血活動への取り組み

okinawa_im.jpg

㈱アイムホーム 代表取締役
渡久川 剛様

私どもアイムホームは、沖縄本島エリアにおいて個人住宅、マンション等の建築を主軸に、ホテル・コンドミニアム販売事業を手掛ける総合的な建設・不動産開発会社です。地域に根差し、地域に求められる会社づくりを目指した企業理念の下、今年で創業から9周年目を迎えました。

この献血活動は、創業5周年の節目に開始し、今年で4年目となり、累計の献血者が1千人を超えることができました。始めた当初は、弊社の取引先企業の皆さまを中心に啓蒙活動を展開し、これが次第にお客さまへ、その家族、そして地域へと伝わり、少しずつではありますが、活動の意義が根付いてきたという手応えを感じています。取組んで2年目からは、献血場所として地元役場の正面広場を使用させていただいていることで、より公共性の高さに対する認識が高まり、活動の認知度の向上にも役立ってきたものと思われます。血液センター様の献血バスも、初めは1、2台の配車でしたが、今では県下で保有する全台数が集まるなど、年々盛り上がりを見せています。

献血という行為そのものは、人々にとって非常に分かり易いボランティア活動だと思います。多くの人は誰かのために役に立ちたい、自分にできることを何かやってみたい、という想いを少なからず持っており、毎年欠かさず来ていただける方のお姿や、献血後のにこやかな笑顔を見ていると、あらためて活動の意義を強く感じることができます。

弊社は、この活動を永年にわたり続けて行くことが最も大切なことであると考えており、今後とも助け合いの精神の輪を広げて行くことに努めます。