コベルコ建機㈱ CSR活動~献血でつなげよう!いのちの輪

hiroshima_kob.jpg

コベルコ建機㈱の皆さま

弊社コベルコ建機は、建設機械メーカーとして、1930(昭和5)年に国産大型電気ショベル第1号を生産して以来、長年にわたり、挑戦と進化を繰り返すことで、時代のニーズに応える数々のショベル・クレーンを生み出してまいりました。常にチャレンジャー精神を持ち、時代をリードする徹底した差別化商品や独自のサービス、ITを活用したソリューションを創造することで「お客さま」はもちろんのこと、「流通」や「社会」からも選ばれる企業体であり続けます。

さて、弊社では社会貢献の一環として1970(昭和45)年頃より社内での献血を実施しており、現在では主に広島県内3拠点にて、年に2回、春と秋に献血バスにて献血を実施させていただいております。また、工場内で働く協力企業の多くの方々にもご協力をいただいております。

活動としては、事前に広島県赤十字血液センターのご担当者様と打合せを行い、献血の日時の案内とともに、血液事業のパンフレット、待ち時間の削減のため人数を考慮した時間割を作成し、事前に社内広報しています。当日は、血液センターの方より、お薬や海外渡航の方の情報も丁寧にご説明いただいておりますので、服薬中の方、海外渡航歴のある方にもスムーズに、献血にご協力いただいています。

2017(平成29)年からは、活動の実績を踏まえ、献血バスの台数もご考慮いただき、1台増やしていただきました。

身近にできるボランティアとして、一人でも多くの方に献血してもらえるよう、広島県赤十字血液センターの方々と協力しながら、今後も社会貢献を通じて「献血の輪」を広げていきたいと考えています。