企業献血から住民献血へ~地域のみんなが支える献血活動~

fukushima_aizu.jpg

株式会社東北入谷まちづくり建設坂下本社長
入谷 康之様

当社は福島県の会津地域にて70年にわたり道路舗装や学校建築など、建設業を通じて地域と共に歩んでまいりました。

献血活動は社会貢献活動の一環として2003(平成15)年より取り組んでおります。社員や協力会社に対しては献血の重要性とともに、献血を通じての健康管理、健康づくりを啓蒙しております。

毎年秋になると会社を献血会場として一般開放し、駐車場には複数の献血バスとテントが並び、歩道にはのぼり旗が一列に並び、いよいよ献血イベントがはじまります。

当初は社員や取引先などに協力を呼びかけていましたが、年を重ねるたびに近所の住人や地元の高校生など、業界や地域を越えた幅広い年齢層の方々が足を運んでくれるようになりました。

過去には地元農家の協力で会場をマルシェ風にして朝採り野菜を直売したり、近年では赤十字奉仕団の皆さんが、美味しい豚汁を提供してくださったり、会津産の新米おにぎりを振舞ったりと、献血のみにはとどまらない地元感満載のイベントとなっております。

おかげさまで、今では献血の季節が近づくと、住民の方から日程の問い合わせが入るなど、一企業がはじめた献血活動が次第に住民献血へと昇華してきたのだと実感しております。これからも献血活動を地域にとって必要とされる存在に高めることができるよう、邁進していきたいと思います。