「献血で 命を繋ぐ おもいやり」

aichi_jada.jpg

愛知県自動車販売店協会 専務理事 伊藤 敏男様

愛知県自動車販売店協会は、1988(昭和63)年から、会員販売会社の労働組合と一体となり、社会貢献活動の一環として労使献血活動を行っています。

冬場は献血者が減少傾向にあることから、毎年10月から3月にかけて実施していますが、活動開始から2018(平成30)年3月までの協力者は175,307名を数えています。この間、2005(平成17)年には厚生労働大臣感謝状を受賞し、2014(平成26)年には皇太子殿下から日本赤十字社金色有功章が授与されました。また、2018(平成30)年7月には、厚生労働大臣表彰を受賞しましたが、これは30年の長きにわたり日本赤十字社とともに愛知県自動車販売店協会の会員販売会社の皆さんが継続して取り組んできた賜物です。

30年という節目を機に、11年ぶりとなるスローガン募集を行い、「献血で 命を繋ぐ おもいやり」を新スローガンとして2018(平成30)年10月から第31回の労使献血活動をスタートいたしました。

当協会はCSRの一環として交通安全活動に取り組んでいますが、交通安全だけでなく、より多くの人々の命を繋ぐ献血活動をこれからも労使で取り組み、より一層充実した献血活動を展開していきたいと思っています。