太洋工業株式会社の取り組みについて~人々の健康を願って~

taiyou_wakayama.jpg

太洋工業株式会社 総務部総務課 課長 大地 隆司様

太洋工業株式会社は、スマートフォンなど身の回りにあふれるデジタル機器の部品として欠かせないフレキシブルプリント配線板(FPC)の製造を通じて人々の生活を支えており、現在は強みである技術力を活かして医療機器向けとしても期待の高まる高難度FPCの開発にも注力しています。

さて、当社は社員が健康で長く働き続けられる職場づくりに取り組んでいます。

健康診断の全員受診や保健指導の強化等直接的な健康対策はもちろん、ワーク・ライフ・バランスの充実や働きがいのある職場を目指した環境整備として残業削減や育児休業・有給休暇の取得率向上に取り組み、厚生労働省から「プラチナくるみん」の認定も受けています。

また、CSRを心掛け、日頃から地域イベントの支援やボランティアにも協力しています。2011年の紀伊半島豪雨災害では約20人の有志社員が復興ボランティア活動に参加するとともに、社員から義援金を募り日本赤十字社を通して協力いたしました。

献血も古くから取り組んでいるボランティア活動のひとつであり、現在は年2回献血車による献血を実施しております。毎回20名程度が参加しており、現在200人いる本社社員の中には毎年必ず参加する方や献血が趣味という方もいるほど献血の意識が浸透していると感じています。

今後とも社員や人々の健康を願って社会に貢献できる活動に取り組んで行きたいと考えています。