NTN株式会社 桑名製作所における献血への取り組み

itoukougyou_akita.jpg

NTN株式会社 桑名製作所 管理部 部長:羽多野 健様(右側) 安全・環境管理課 課長:伊藤 晃幸様(左側)

 

NTN株式会社は1918年(大正7年)3月に創業し、2018年(平成30年)3月に創業100周年を迎えました。

桑名製作所は、NTN発祥の地でもあり地域の皆様のご理解とご協力を得て今日まで事業活動をさせていただいています。

弊社が1918年の創業から大切にしてきた創業者精神は、挑戦し続ける「開拓者精神」と社会とともに発展する「共存共栄精神」の2つです。これらの創業者精神は、NTNのDNAとして企業理念に込められ、100年以上経った今でも受け継がれており、私達はこの企業理念に則り献血活動にご協力させていただいています。

 

桑名製作所は、年2回の献血活動を実施しており平成25年度には厚生労働大臣表彰状、令和元年度には県知事感謝状をいただきました。 今年に入り、新型コロナウイルス感染拡大のため緊急事態宣言が出され、献血バスでの献血者が減少し、血液供給が困難になっているとお聞きしました。その間も血液製剤を待っておられる方が多くいると知り、6月に臨時で献血にご協力させていただきました。 私たちの血液が一人でも多くの方のお役にたてることはとても光栄に思います。また、三重県は献血協力者数が全国と比較して少ないと聞いていますので、我が社としても一人一人の献血に対する理解を高め、協力度を上げていきたいと考えております。

今後も献血にご協力させていただくため、全従業員に対して健康管理啓蒙活動を継続的に実施し、一人でも多くの従業員が献血できるように会社として支援していきます。