献血を始めたきっかけ

hukushima_sigatosou.JPG

志賀塗装株式会社 社長
志賀 晶文様

志賀塗装株式会社は、1950年創業福島県いわき市内を中心に、塗装事業部・住宅リフォーム事業部・中古住宅専門事業部と3つの事業部を展開している会社です。

献血を知ったきっかけは、私の父が最期の時に病院で輸血を受けたことです。あの赤い袋を吊り下げて輸血が始まると、父が一瞬でも元気になる姿をみて「希望の光」を見た思いでした。残念ながら1994(平成6)年に父は亡くなりましたが、日本には献血という大変ありがたい制度があることが当時の記憶に残りました。



その後、日本赤十字社に「献血推進事業サポーター制度」があることを知りました。昔お世話になったことを思い出し、身近にできる社会貢献として全社的に取り組みを始めました。

今日、献血離れの現状をよく耳に致します。

献血は、家族にとって大切な方が懸命に命を生き抜こうとしているさまを社会全体で支えるすばらしい仕組みです。将来、血液事業が継続困難になることがないよう、弊社の活動がその一助になればと思いながら、社員さん・協力会社さん一体となり、年2回、春と秋の「愛の献血フェスティバル」を、これからも実施していきたいと思います。献血は身近なボランティアです。献血は、献血する方にも健康状態を確認しながら行っているので安全度も非常に高いと思います。社会全体におすすめするボランティアです。