研究

研究

輸血用血液の安全性の向上、血液検査の技術開発、新しい血液製剤の開発を目的として、以下の研究を行っています。

• 血液型の研究

• まれな血液の確保のための研究

• 血液成分の研究

• 輸血による副作用の原因の研究

• 血液成分の有効利用法の開発

研究の実施に関する情報公開

「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」等に基づき、インフォームド・コンセントを受けない場合において、当該研究の公開すべき情報を以下のとおり掲載します。

2018(平成30)年度

血液製剤中のアレルギー関連抗体と輸血副作用との関連性(PDF:149KB)

非溶血性輸血副作用発症に伴う血中の好酸球塩基性タンパク質の濃度変化(PDF:157KB)

全国の献血者から得られた血液検査結果を通した健康状況の評価(PDF:165KB)

献血による健康状態への影響に関する検討(PDF:132KB)

初回献血者が再度献血に向かう要因を検討する(PDF:155KB)