デング熱の国内感染の発生に伴う献血制限等の解除

献血してくださる方へ

日本赤十字社では、厚生労働省よりデング熱の国内感染例の伝達を受け、平成26年8月27日から輸血による感染被害の防止対策として献血制限等を実施してきました。

このたび、10月31日以降国内感染症例が確認されていないことなどから、下記のとおり解除いたします。

今後とも、血液事業へのご理解とご協力をお願いいたします。

1.解除日 平成26年11月14日

2.解除する献血制限内容

東京・代々木公園周辺、新宿中央公園、外濠公園に行かれた方は、

最後に行かれてから4週間献血をご遠慮いただくこと。