赤十字シンポジウム2016開催案内

「赤十字シンポジウム2016」を来る1112日(土)、東京・表参道で開催します。このシンポジウムは、多くの方に国際協力や人道支援への関心を寄せていただくために、日本赤十字社と日本放送協会(以下、NHK)の主催により、「海外たすけあい」募金キャンペーン*の一環として、毎年開催しています。

今回、赤十字シンポジウムは開催30回目を迎えることから、これまでの人道支援をめぐる議論を踏まえ、過去最大と言われる現在の人道ニーズに対し、今求められる人道支援のあり方を参加者の皆さまとともに考える機会といたします。ぜひご来場ください。

複雑化する世界の中で ~今求められる人道支援とは~

チラシ(表).jpg

赤十字シンポジウムは今年30周年を迎えました。その間、多発する紛争、自然災害、難民・移民の問題、貧富の格差、新興感染症などにより、支援を必要とする人は過去最多となっています。もはや一国家、一組織ではこれらの人道課題に対応することはできず、国境を越えた連携が求められています。一方、移民の受け入れ拒否、英国のEU離脱など反グローバリズムの動きも出ています。

このような中、今年5月にトルコ・イスタンブールで開催された「世界人道サミット」では、「一人でも多くの人の命を救い、より効率的で効果的な人道支援を実現する」ための方策が話し合われました。

多様な文化と共生、地域社会の強化、ボランティア、イノベーションなど今求められる人道支援のあり方とは?

今回の赤十字シンポジウムでは、過去のシンポジウムでの議論も振り返りながら、複雑化する世界の中で、多様な価値観を受容し、人道主義という共通の理念に基づいた、これからの支援のあり方について共に考えていく機会とします。

  • ※「海外たすけあい」募金キャンペーンは、世界各地の紛争、災害、病気などで苦しんでいる人びとを支援するために、日本赤十字社とNHKが共同で毎年12月に行っています。お寄せいただいた募金は、すべて日本赤十字社による、支援を待つ世界中の人びとのために使わせていただきます。

開催概要

1.日時 : 2016(平成28年)年11月12日(土)13時30分~15時30分(開場13時00分)
2.場所 : 表参道ヒルズ本館地下3階 スペースオー(渋谷区神宮前4-12-10)
3.主催 : 日本赤十字社、NHK
後援(予定):外務省、厚生労働省、NHK厚生文化事業団
協力(予定):赤十字国際委員会(ICRC)、日本看護協会、商店街振興組合原宿表参道欅会
4.出演者 :
コーディネーター : 宮崎 緑(千葉商科大学教授)
パネリスト : 田中 明彦(東京大学教授)
森田 正隆(明治学院大学教授)
安田 菜津紀(フォトジャーナリスト)
近衞 忠煇(日本赤十字社社長 兼 国際赤十字・新月社連盟会長)

パネリストHP.jpg

5.参加費: 無料
6.参加お申し込み方法:

郵便はがき、FAX、インターネットのいずれかの方法でお申し込みください。お申し込みは1通につき1名様となります。

なお、多数応募がある場合は抽選とさせていただきます。当選された方には入場整理券(1枚で1人入場可)を開催の約1週間前までにお送りします。入場整理券の発送をもって当選の発表にかえさせていただきます。

締切は平成28年10月28日(金)【必着】※FAX、インターネットは10月28日(金)23時59分まで

《必要事項》 ①郵便番号、②住所、③氏名、④年齢、⑤電話番号、⑥本催しをお知りになったきっかけ、⑦「NHK海外たすけあい」をご存知かどうか、をご記入願います。

※はがき: 〒105-8521 東京都港区芝大門1-1-3
日本赤十字社 国際部企画課
「赤十字シンポジウム係」
※FAX: 03-5790-0308「赤十字シンポジウム係」
※インターネット: 参加お申し込みはこちら

※お申し込みいただいた個人情報は、赤十字シンポジウムの参加受け付け業務にのみ使用し、厳重に管理いたします。

本ニュースの印刷用PDF版はこちら(PDF:635KB)