ケニア(地域保健強化事業第2期)

巡回診療で幼児の腕の太さを計測するスタッフ

巡回診療で幼児の腕の太さを計測するスタッフ

ケニア地域保健強化事業は、診療所が近隣に存在しない地域で毎月行う巡回診療や、育成した保健ボランティアによる健康衛生教育を通じて、住民が保健サービスを受けやすくなることや乳幼児の予防接種率の上昇、水因性疾病の減少、住民の行動変容などの成果が見られています。

巡回診療で配布する医薬品を確認する五十嵐要員(右)

巡回診療で配布する医薬品を確認する五十嵐要員(右)

しかし、ケニア全体の乳幼児死亡率が出生1000人あたり52人であるのに対し、事業を実施しているガルバチューラ県では出生1000人あたり75人と高い確率で推移しています。

妊産婦死亡率は国全体では10万件あたり488人に対して、同県では990人に上ります。

このように母子保健を取り巻く環境は改善が必要であることから、日本赤十字社とケニア赤十字社はさらに5年間の継続支援を決定し、2013(平成25)年1月から「地域保健強化事業第2期」を開始しました。日本からの要員も派遣し、円滑な事業管理を実施しています。

事業紹介三つ折りパンフレットはこちら

事業概要

事業名: ケニア地域保健強化事業第2期 ※通称「愛ホップ2」
事業地: ケニア共和国 ガルバチューラ県
ガルバチューラ郡、セリチョー郡
事業期間: 2013年1月~2017年12月
事業目標: 地域住民の保健医療施設と地域保健サービスへのアクセスが向上する

期待される成果

  1. 住民の保健にかかわる行動が改善する
  2. 5歳未満児と妊産婦の栄養状態を改善し、生計が向上する
  3. 地域保健システムを改善する

2014年の事業報告書はこちら(PDF:702KB)

2013年の事業報告書はこちら(PDF:622KB)

ケニア地域保健強化事業をご支援ください!

二星智恵子駐在員 2015年9月~2016年5月 ナイロビ(ケニアの首都)に駐在

関連ニュース