赤十字看護専門学校紹介 ~大津赤十字看護専門学校~

滋賀県大津市にある大津赤十字看護専門学校は、1904年(明治37年)に開校し、今年度で114年目となる歴史ある学校です。卒業生は3,000名を超え、今年度開催された大津赤十字看護専門学校同窓会では、90歳を超える大先輩もご参加いただきました。

同窓会.jpg

今年度の活動について、学生の生の声をお届けします。

平成30年度7月豪雨災害募金活動

私達が入学して間もなく、甚大な災害が発生しました。私たちは、赤十字の一員として、何かお役にたてることはないかと考え、募金活動を実施することにしました。災害の状況が伝わるように、写真や被害状況の数値をパネルにし、一人でも多くの方々の目に届くように工夫しました。募金をして下さった方々から「頑張ってね」「ありがとう」と声をかけて頂き、参加した私たちの思いが届いたことを実感しました。重くなった募金箱と協力して下さった方々の思いが重なり、温かい気持ちになりました。

平成30年度入学生 西関 美裕

ボランティア.jpg

災害救護訓練

 本校では、様々な機会に災害看護を学ぶことができます。その中の2つを紹介します。

1.災害看護論では、講堂を災害現場に想定し災害救護訓練を行いました。日本赤十字社救急法で学んだ一次救命や包帯法を活かし、傷病者役・看護師役に分かれてトリアージや搬送、処置行う実践さながらの訓練です。大津赤十字病院の救急部長・研修医・看護師長にも参加いただき、より実践的な学びを得ることができました。

2.大津赤十字病院での災害時傷病者受入れ訓練は、大規模災害が発生した想定の訓練です。傷メイクを施して傷病者役となり、トリアージ・治療・看護を受ける体験をしました。

災害が発生して混乱に陥っている状況で、冷静に判断し、いかに多くの命を救うかが重要であること、人権を尊重した関わり、人の命の重さなど医療者として何ができるかを考える貴重な体験になりました。

平成28年度入学生 大隅潮里

救護訓練.jpg

スポーツフェスティバル

本校は、毎年、スポーツフェスティバルを行っています。この行事は、京都第一・京都第二赤十字看護専門学校と合同で行われ、3校が優勝を目指します。他学年や他校の学生と交流できる貴重な機会になっています。今年は、晴天に恵まれ大変盛り上がりました。今年は本校が当番校であったため、委員長である私は3校を取りまとめ、指示する中で統率する力を学ぶことができました。また、精いっぱい取り組めたことの達成感もひとしおでした。                      

平成29年度入学生 髙﨑 莉帆

スポーツフェスティバル.jpg

(大津赤十字看護専門学校)

大津赤十字看護専門学校のHPはこちら<<https://www.otsu-sn.jrc.or.jp/

赤十字看護専門学校で学びたいかたはこちら<<http://www.jrc.or.jp/activity/nurse/school/