内閣府調査チームへの職員派遣に係る協定を締結

日本赤十字社と内閣府(防災担当)は、5月14日に内閣府調査チームへの日本赤十字社職員派遣等に関する協定を締結しました。

本協定は、内閣府(防災担当)が災害発生時に被災地に派遣する「内閣府調査チーム」に日本赤十字社職員(医師等)を派遣し、同チームが被災地で実施する災害応急対応への協力について定めたものです。

日本赤十字社は、今回の協定締結を踏まえ、災害時における救護力の一層の向上を図って参ります。

IMG_1733a.jpg

   協定締結に際し、武田良太防災担当相(右)と面会した大塚義治日本赤十字社社長(左)