中毒

食中毒

いずれも、食べたり、飲んだり、皮膚から吸収されたり、肺に吸い込んだり、注射によって中毒を起こします。調理してから食べるまでに時間がたった食物や、生の食品が細菌で汚染されると、増殖した細菌そのもの、または細菌の出す毒素が中毒の原因となります。これを食中毒といいます。

症状

  • 腹痛、嘔吐、下痢で始まり熱が出ます。
  • ボツリヌス菌中毒では、眼球、喉、食道の筋肉麻痺などの神経系の症状として、物が2つに見えたり、飲み込むことや、呼吸ができなくなったりします。

手当

  • 嘔吐・下痢がある場合は脱水を防止するため、嘔吐を誘発しないように水分を少量ずつ頻回に与えます。
  • 吐いた物が気管に入らないような体位(回復体位)をとらせます。
  • できるだけ早く医師の診療を受けさせます。
    ※吐いた物や便などは医師に見せます。

事故防止

清潔
  • 食品をよく洗います。
  • 手洗いを十分に行い、手指にきずがある場合は素手で調理せずビニール手袋などを使います。
  • まな板や包丁、布巾などは消毒と感想を行います。
調理
  • 食品は十分に加熱してから食べます。
  • 調理後はすぐ食べるようにし、室温放置を避けます。
保存
  • 冷蔵庫内の温度は5℃以下に保ちます。
その他
  • 家族で下痢をしているひとがいたら、シャワー浴とするか、最後に入浴させます。

ガス中毒

自動車の排気ガス、天然ガス、液化石油ガス(プロパンガスなど)、一酸化炭素、亜硫酸ガス、塩素、シンナー、石油化学製品のほか、新建材その他が燃焼して発生する有毒ガスなどの吸入によって起こります。

症状

  • 気分が悪くなり、あくびが出て、頭痛、めまい、吐き気を起こします。
  • 手足がしびれて動けなくなります。
  • 有毒ガスを吸い込むと気道閉塞を起こす場合があります。
  • 重症になると、意識が障害され呼吸が停止し、死に至ることもあります。
  • すぐに意識が戻り、症状がなくなっても、数日あるいは数週間後に、記憶障害などの神経症状があらわれることがあります。

手当

  • 直ちに119番通報します(意識がはっきりしていて症状が治まっても、できるだけ早く医師の診療を受けさせます)。
  • 新鮮な空気のところに傷病者を運び出し、衣類をゆるめます。
    ※意識があっても、歩かせてはいけません。
    ※体を起こしたり、ゆすったりすると、吐くことが多いので、静かに運びます。
  • 保温します。
  • 意識がなければ、一次救命処置の手順により手当を行います。
    ※救助者は救助に際しては引火性のガスによる爆発のおそれや、化学薬品などによる二次事故の危険があるため、周囲の状況を観察し、救助者自身の安全の確保に努めます。

事故防止

ガスを用いた暖房器具や調理器具、各種スプレー類などを室内で使用する際には、常に換気を心がけます。

薬物中毒

いずれも、食べたり、飲んだり、皮膚から吸収されたり、肺に吸い込んだり、注射によって中毒を起こします。

医薬品で中毒を起こし、手当が必要になる例の主なものは、鎮静睡眠薬(精神安定薬を含む)などです。化学薬品には、化粧品、洗剤、塗料や接着剤からの揮発性物質などがあります。

症状

  • 健康であった人に急にさまざまな症状があらわれます(頭痛、吐き気、嘔吐、下痢、腹痛、呼吸困難、血圧低下、意識レベルの低下、けいれんなど)。
  • 唇や口の周りのただれや、吐く息のにおいの異常など。

手当

  • 傷病者が飲んだ薬品の容器に中毒に対する注意書があったら、その指示に従います。
  • 傷病者の意識がないときは、気道を確保し、回復体位をとらせて保温します。
  • 呼吸困難に陥ったときは、一次救命処置の手順のとおり手当を行います。
    ※水や牛乳を飲ませたり、吐かせることはしません。
    ※毒物の性質がわからないときには、胸骨圧迫だけでも行います。
  • 意識がないときは直ちに119番通報します。意識があるときも119番、医療機関あるいは日本中毒情報センターに電話して、指示を受けます。
  • 医療機関に搬送するときは、薬品の容器や傷病者の吐いたものを忘れずに持って行きます。

連絡先

大阪中毒110番:072-727-2499(毎日24時間、年中無休)

つくば中毒110番:029-852-9999(毎日9~21時、年中無休)

たばこ専用電話:072-726-9922(毎日24時間、年中無休、テープによる情報提供)