腹痛

腹痛

腹痛を訴える病気の中で注意したいのは、急性腹症で、早急に手術しないと生命に危険の及ぶものが多いので、特に重視しなければなりません。

主なものは、胃、十二指腸の潰瘍(かいよう)穿孔(せんこう)、腸閉塞、急性虫垂炎、急性胆のう炎、腹部のけがなどです。

また、女性の場合には、卵巣などの突然の病気で激しい腹痛や出血が起こることがあります。

症状

  • 激しい腹痛を訴えます。
  • 顔色は蒼白で、額に冷や汗をうかべ、脈は弱く速い。
  • 意識が障害されることがあります。
  • 一般に腹部は張ったように固く、嘔吐などを伴います。

手当

  • ベルトなどを緩め、本人の最も楽な体位に寝かせます。
  • 横向きで体を丸めた体位か、上向きで膝を曲げた体位をとらせます。
  • 腹を温めたり、冷やしたり、下剤を与えてはいけません。
  • 飲食物を与えてはいけません。
  • 急いで医療機関に搬送します。
  • 吐いたものは医師に見せます。
  • 腹痛の部位(どの部分か)、程度(どのような)、時間(続けて、ときどきなど)を医師に報告します。