「個々のネットワーク力を生かして地域貢献」

刈谷市赤十字奉仕団 笠松信子委員長

私が所属する刈谷市赤十字奉仕団は、奉仕団員の個々のネットワーク力を生かして、地域のニーズに応じた活動を展開しています。

各地区から求められた救急法や幼児安全法の講習の実施や地域防災訓練への参加はもちろんのこと、活動を写真に収めるなどその都度記録して、それらの資材を用いたパネルを手作りし、新規団員の勧誘の場で展示しています。

刈谷市の地図を使って、どの地区で何を行ったのか、できるだけ目で見てすぐに分かるように工夫を重ねて作成する過程も楽しいですし、それを見て「分かりやすいですね」と言っていただけた時もやりがいを感じています。

地域のニーズに応えつつ、赤十字事業が多くの人びとに理解されるように啓発していくことも、地域赤十字奉仕団の役割だと思っています。

ボランティア活動は、人と人をつなぐ大きな力を持っています。ボランティア活動に従事することで、自身のネットワークにさらに広がりができて、結果として活動に返ってくることが原動力になっています。

皆さんも、私たち赤十字ボランティアの一員になって、一緒に活動しましょう!