創始者のボランティア精神を継承~日本赤十字社と聖心女子大学が共同宣言~

聖心女子大学.jpg

平成30年3月14日、日本赤十字社と聖心心女子大学(東京都渋谷区)は、「時を超えて、今もなお、創始者のボランティア精神が息づく日本赤十字社と聖心女子大学。私たちはこれからの日本を、世界を思い、ともに力を合わせて行動を起こします。」という共同宣言、「ボランティア・パートナーシップ・アグリーメント」に調印しました。

聖心女子大学が掲げる“あらゆる人が心をかけるに値するかけがえのない大切な存在であり、隣人や社会の人々が必要としていることに気づき、頭を使い、心を使い、手足を使ってよりより状態をつくりだそうとする”「聖心スピリット」は、“国籍・人種・宗教・社会的地位・政治上の意見によるいかなる差別をもせず、あらゆる状況下において人間の苦痛を予防・軽減し、人間の尊厳を確保する”「赤十字の基本原則」と共通の理念であると言えます。

この共通のミッションをもとに、「人道機関」と「教育機関」というそれぞれの特徴を活かして、若者が中心となってグローバルな視点で地域社会における人道課題の解決に取り組んでいけるよう協働することを約束しました。

日赤はこれまで、明治学院大学(平成25年4月)、上智大学(平成26年3月)と同様のパートナーシップを締結し、大学での連携講義を始め、大学生へのボランティアプログラムの提供や、人道課題に対するアカデミックなアプローチを取り入れながら、様々な事業展開の可能性を検討してきています。