トレーニングセンターで学んだことを学校生活で実践しよう

名古屋市立楠中学校 校長 原田信三

CIMG1272.JPG (2カラム画像(枠なし):322x210px)

愛知県支部青少年赤十字小中学校リーダー・シップ・トレーニングセンター(以下、トレセン。)が2015(平成27)年8月8~10日の3日間、愛知県岡崎市で開催されました。

子どもたちは3日間の集団生活の場で、自主性・自律の生活について学びを深めました。最終日、参加した児童生徒に感想を聞くと「楽しかった」という声が多数。

児童生徒には、「『どうして楽しかったのか?』その具体的な理由をよく考えて、見付けてください。そして、その見付けた具体的な理由を学校に戻り実践することが、『楽しい学校』にするための秘訣です」という話をしました。

2学期も始まり、『すべての児童生徒が楽しい学校』を目指して、実践を始めていると思います。子どもたちにはトレセンで学んだことを生かして、良きリーダーになるのはもちろんのこと、良きフォロワーにもなってほしいと願っています。

※青少年赤十字の最も特徴のある教育プログラムの一つで、集団生活を伴う学習活動の場。