指導主事対象青少年赤十字研究会

指導主事.JPG

この研究会は、赤十字が青少年赤十字(以下、JRC)を推進している意義を学校教育行政関係者に正しく理解していただくこと、また、現在の学校教育の中におけるJRC活動の現状と成果を実践例を通して認識いただくことを目的として、各都道府県(市町村)教育委員会の指導主事を対象に毎年開催しています。

具体的な内容は、JRC指導者による各校・各地域での事例紹介といった座学が中心となりますが、「掲示板」や「ホームルーム」などJRCの特徴的なプログラムである「リーダーシップ・トレーニング・センター」の手法を取り入れており、参加者は体験学習によって知識を深めます。

最終日には、それまでのプログラムを通して学んだことや得た知識を生かし、JRCを学校教育の中でどのように活用できるのかをホームルーム別に協議して、模造紙や寸劇などを用いたさまざまな形で発表を行います。

指導主事HR.JPG

ホームルーム内での意見交換をしている様子

指導主事発表.JPG

JRC活用法についての協議内容の発表