【青少年赤十字海外支援事業】 ネパールスタディーツアー ~第一回事前研修編~遂に動き出す!我ら日本の青少年赤十字メンバー 

日本赤十字社は、青少年赤十字活動資金(通称、一円玉募金)を活用した海外支援事業をネパールとバヌアツで行っています。2年目となる今年は、「青少年赤十字メンバーが集めた募金がどのように使われているか」ということを現地で学ぶスタディーツアーを行います。青少年赤十字メンバーの活動をシリーズでお届けします。

出発まで 残り111日

今年12月22日~12月29日に実施予定のネパールスタディーツアーに向け、青少年赤十字海外支援事業の学びを深めるために9月2日(日)に東京の日赤本社で事前研修を行いました。全国から集まった9名の青少年赤十字メンバーが事前に調べたネパールの食事、宗教、教育などについて発表し情報交換を行いました。

1.JPG2.JPG

3.JPGgroup1.jpg

青少年赤十字メンバーと先生の意気込み

熊本県から参加する根岸咲さん(16歳)は「チャレンジ精神を旺盛に、笑顔を忘れず、積極的に活動していきたいと思います」と意気込みを語ります。 また、今回団長を務める、青森県の指導スタッフの中村教頭先生(45歳)は、「この国際理解・親善の経験を通して、帰国後、青少年赤十字活動を活発に行いつつ、高校卒業後も赤十字活動に関わって欲しいです」と熱く語りました。

group.JPGsensei.JPG

≪続≫

~ 次回は「いざ ネパールへ出発!」をお届けする予定です~

海外支援事業はこちら

≪関連する記事≫

「青少年赤十字」についてはこちら

「青少年赤十字に加盟」したい方はこちら

「青少年赤十字」のトップに戻る