献血いただく前に

献血前に

  • お名前、生年月日、住所、電話番号などは正確にお答えください。
  • 初めて献血をされる方は、ご本人の確認のため、運転免許証などの提示をお願いします。
  • 問診項目には正確にお答えください。事実と異なる回答をされた場合、輸血を受けた患者さんに深刻な状況をもたらす場合があります。
  • 献血に伴う副作用予防のため、献血前に水分(スポーツドリンク等)を補給してください。
  • 献血後に高所作業や激しいスポーツ、自動車の運転等をされる方は献血前にお知らせください。
    特に乗り物の運転をされる方は、献血後に十分な休憩(30分以上)をおとりください。

献血時は

  • 血圧や血色素量(ヘモグロビン濃度)を事前に測定します。
  • 200mL・400mL献血では10分から15分位、成分献血では体重等に応じて採血する量(上限600mLまで)が異なりますので、40分から90分位の採血時間がかかります。
  • 採血針や採血バッグ等は、お一人ずつ使い捨てとなっています。
  • 採血装置の不具合等により、採血が中断されたり、いただいた血液が輸血に使用できなくなることがあります。

献血に伴う副作用と注意

  • 次のような症状が起きた場合は、すぐに職員にお知らせください。
    • 針を刺したときに、強い痛みやしびれがある場合。
    • 気分不良やめまい等の症状がある場合。
      ※立ち上がらず、そのままの姿勢でお知らせください。
    • 口唇や手指のしびれ感などの症状がある場合。
      ※成分献血では血液が固まらないように抗凝固剤(クエン酸ナトリウム)を使用しているため、このような症状を起こすことがあります。
    • 皮下出血がある場合。
  • 採血針を刺したところに、跡が残ることがあります。
  • 献血時の、LEG CROSS(レッグクロス)運動 (下肢筋緊張運動)にご協力ください。

LEG CROSS(レッグクロス)運動(下肢筋緊張運動)とは(PDF:314KB)

献血いただいた血液は

  • 検査を実施し、血液製剤の基準に適する場合のみ、輸血に使用いたします。
  • 血液の一部は少なくとも11年間冷凍保存し、輸血による副作用や感染症などの調査のために使用します。

献血の依頼について

  • 受付時に確認させていただく「献血の依頼についての応諾意思」に同意いただいた方には、はがき、電話、メール、LINE等により、患者さんに必要な血液製剤を供給するために、献血のご協力をお願いする場合があります。