一般社団法人日本損害保険協会寄附金(自動車損害賠償責任保険運用益) による2018年度交通災害等救急医療機器整備事業完了のお知らせ

日本赤十字社は、交通災害等救急医療体制の整備強化を促進するため、一般社団法人日本損害保険協会様による自動車損害賠償責任保険運用益からの指定寄附金を財源として、全国各地の施設に交通災害等救急医療部門の設備(医療機器)を整備しています。

2018年度は、189,215,000円の指定寄附金により、全国8施設に11機の医療機器を整備させていただきました。

今回整備した医療機器は、対象となった施設において、各地域の救急医療の発展、充実に役立てられます。

1.jpg2.jpg