『Red Cross Red Crescentマガジン』日本語版第3号発行のお知らせ

『Red Cross Red Crescentマガジン』(以下、RCRCマガジン)日本語版第3号をウェブサイトにアップしました。

翻訳は赤十字語学奉仕団(赤十字ボランティア)を中心に行っています。

なお、お読みになったご感想、ご意見があれば、ぜひこちらまでお寄せください。

『Red Cross Red Crescentマガジン』日本語版第3号

『Red Cross Red Crescentマガジン』日本語版第3号(PDF:1.5MB)

人道の実践

最悪の致死的な病に対し、何千人ものボランティアが、勇気と慈しみの眼差しを持って立ち向かっている。しかし、果たしてそれだけでエボラを食い止めることができるのだろうか?

命を懸けたボランティアの奮闘を語る。

「人道の実践」はこちら

エボラ出血熱患者の遺体の埋葬

新たな犠牲者を出さないためにも、エボラ出血熱患者の遺体の埋葬には新たな取り組みが求められた。

ボランティア埋葬チームのひたむきな取り組みは次第に周囲の誤解と批判の目を変え始めた。

「エボラ出血熱患者の遺体の埋葬」はこちら

交戦下の市街地

ここ数十年、世界では都市部や市街地に人口が密集する傾向にある。そして、武力紛争も市街地で起こることが増えている。人口密集地域で爆発性を伴う兵器が使用されるのは、現代の武力紛争に共通する特徴ともいわれる。

紛争地域の実態と人道上の課題を探る。

「交戦下の市街地」はこちら