【国際赤十字・赤新月運動会議】 本日最終日、長崎宣言を表明

核兵器の禁止や廃絶をテーマに議論する各国赤十字社・赤新月社35カ国、約80人の代表らが長崎に結集しました。
会議中は白熱した議論が交わされ、最終日の本日、長崎アクションプラン(案)がまとまりました。

本案は、11月に予定されている国際会議で採択される予定です。

また、実際に被爆地である長崎を訪問し、被爆者の体験などの話に耳を傾けて、核兵器廃絶への思いを新たにした参加者は、その決意を「長崎宣言」として表明しました。

宣言については以下のとおり。


○ 国際赤十字・赤新月運動による長崎宣言

二度と繰り返してはならない:長崎を核兵器が使用された最後の地に

核兵器の禁止及び廃絶にかかる国際赤十字・赤新月運動会議に参加した、赤十字・赤新月社のリーダーおよび代表である私たちは、国連の核兵器禁止条約交渉会議における現段階での132ヵ国の参加を嬉しく思います。私たちは、2017年6、7月に行われる次の交渉会議への参加を全ての国家に要請します。全ての国家は、自国民のため、そして次世代のため、この先の歴史を形作るチャンスを誠実に活かす責任があります。

私たちは、長崎の惨劇を目の当たりにし、72年経った今日に至るまでたくさんの被爆者が心身両面で背負い続けてきた苦しみを耳にしました。

今この時武器庫に眠っている核兵器が、広島、長崎に使われた原爆をはるかにしのぐ破壊力を持っていることを私たちは十分知っています。意図的であれ、誤作動であれ、あるいは偶発的な事故であれ、核兵器が再び使用されるリスクは、多くの人が考えている以上に高く、増しています。人類への脅威は、想像を絶します。

私たちは、核兵器の近代化と維持に、とてつもない財源と人材が充てられ続けていることを遺憾に思います。それらは、人間の生命の維持に充てられるべきです。

これらのことから私たちは、核兵器のない世界に導く確固たる一歩を踏み出すために、これまでにない絶好の機会を捉えるよう全ての国家に訴えます。

核兵器の時代に終止符を打てるかどうかの瀬戸際に私たちは立っています。壊滅的な人道的被害を認識し、明確で曖昧さのない禁止を謳った条約が話し合われ、採択されることで、各国は長崎を原爆投下によって核被害を受けた歴史上最後の地とできるのです。核兵器の禁止は、軍縮や不拡散の現行の取り組みを強化することでしょう。

核兵器のない世界を実現することは、未来の世代への義務であり、私たち共通の人類を存続させるために課せられた責務です。壊滅的な人道的被害を与えるリスクのある核兵器が、人間に安全保障をもたらすと解釈することは到底無理です。人類を守るためには、勇気と積極的な貢献、足並みの揃った行動が必須です。今こそ、核兵器の禁止と完全な廃絶によって、何よりもまず、人類を最優先に位置付けるべきです。

2017年4月26日 長崎

(以下、英文)

Appeal by the International Red Cross and Red Crescent Movement
Never again: Nagasaki must be the last atomic bombing
We, leaders and representatives of the International Red Cross and Red Crescent Movement participating in the Conference on the Prohibition and Elimination of Nuclear Weapons in Nagasaki, congratulate the 132 States that have so far participated in the UN negotiations to prohibit nuclear weapons. We urge all other States to take part in the next phase of these negotiations in June-July 2017. All nations have a responsibility to their populations and to future generations to faithfully use this opportunity to shape the course of history.
We have witnessed the past devastation and heard of the ongoing physical and psychological suffering of thousands of Hibakusha (atomic bomb survivors) 72 years on.
We know that the destructive capacity of nuclear weapons in arsenals today is many times greater than the bombs used in Hiroshima and Nagasaki. The risk that nuclear weapons will again be used by intent, miscalculation or accident is higher than most people realize and ever increasing. The threat to humanity is beyond imagination.
We deplore that tremendous financial and human resources continue to be invested in modernizing and maintaining nuclear weapons, resources that should be dedicated to preserving life.
We therefore appeal to all States to use the unprecedented window of opportunity to take a decisive step towards a world without nuclear weapons.
We are standing at the brink of what will be the turning point in efforts to end the era of nuclear weapons. By negotiating and adopting a treaty that recognizes the catastrophic humanitarian consequences of nuclear weapons and contains a clear and unambiguous prohibition, States have the opportunity to ensure that Nagasaki is the last place in history to have suffered the effects of an atomic bombing. Prohibiting nuclear weapons will strengthen current nuclear disarmament and non-proliferation efforts.
Achieving a world without nuclear weapons is an obligation to future generations and imperative to preserve our common humanity. Weapons that risk catastrophic humanitarian consequences cannot possibly be viewed as providing peoples’ security. Protecting humanity requires courage, commitment and concerted action: it is time to put humanity first by prohibiting and completely eliminating nuclear weapons.
Nagasaki, 26 April 2017

International Committee of the Red Cross
International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies