2015年ネパール地震⑧~巡回診療を開始

日本赤十字社(以下、日赤)の保健医療チームは5月10日、シンデュルパルチョーク郡で巡回診療を開始しました。地域は、地震により大きな被害を受けており、災害によるけがや病気だけでなく日常的な医療インフラが十分に機能していない状況です。

保健医療チームが青空診療所を開設すると同時に、大勢の地元の患者さんたちが押し寄せました。ある男性患者は、「地震が起きてから医師の診療を受けるのは初めてで、とてもありがたかった」と話してくれました。

日赤は被災地での救援活動などを支援するために、救援金を受け付けています。皆さまの温かいご支援をお願いいたします。

2015年ネパール地震救援金:受付期間 平成27年7月31日(金)

活動を続ける保健医療チーム

活動を続ける保健医療チーム

活動を続ける保健医療チーム

臨床心理士がこころのケア

子どもたちに折り紙を使ってこころのケア

活動を続ける保健医療チーム

活動を続ける保健医療チーム

活動を続ける保健医療チーム

救援活動にあたる赤十字

大きな被害を受けた活動地域

大きな被害を受けた活動地域

大きな被害を受けた活動地域

ネパールでの赤十字の活動はこちら