2015年ネパール地震⑱~さらなる救援の手が必要です

日本赤十字社(以下、日赤)の保健医療チームは、ネパールのシンドゥルパルチョーク郡メラムチ村を拠点に、地元の診療所や巡回診療で活動中。24日までにメラムチ村の診療所で4441人を診療し、山間部に取り残された被災者には、巡回診療を積極的に行うことで医療を届けています。雨期に入る前に少しでも多くの方を診療できるよう、地域を拡大して巡回診療を続けていきます。

日赤は被災地での救援活動などを支援するために、救援金を受け付けています。皆さまの温かいご支援をお願いいたします。

2015年ネパール地震救援金:受付期間 平成27年7月31日(金)

被災者に寄り添う救援活動

けがをした少年を診療する医師

被災者に寄り添う救援活動

カナダ赤十字社の医師が診療をサポート

被災者に寄り添う救援活動

足をけがした少年。もう少しでギプスを外せます

被災者に寄り添う救援活動

赤十字ボランティアの若者に応急手当の方法を指導する医師

被災者に寄り添う救援活動

真剣な眼差し講義を聴く赤十字ボランティアの若者

被災者に寄り添う救援活動

中国紅十字会香港支部の職員が、赤十字ボランティアの若者に感染症の仕組みを説明。衛生観念を広めます

被災者に寄り添う救援活動

発災一カ月を迎えるいまも診療所には多くの患者さんが

被災者に寄り添う救援活動

保健医療チームが使う生活用水を川から得るメンバー。裏方の仕事なしに活動は成り立ちません

被災者に寄り添う救援活動

毎日行うミーティングで支援内容を改善しています

ネパールでの赤十字の活動はこちら