【東日本大震災 ドイツからの支援で復興】南三陸町(戸倉地区)に待望の公民館が完成~9月10日に落成式を開催~

日本赤十字社はドイツ赤十字社から寄せられた東日本大震災海外救援金のうち約4000万円を活用し、宮城県南本吉郡三陸町戸倉(とぐら)地区で公民館の建設を支援しました。このほど完成し、駐日ドイツ大使館からも来賓を迎えて、9月10日(土)に落成式が行われます。


 戸倉地区では、戸倉公民館と戸倉中学校という、地域の中核的施設2カ所が東日本大震災で甚大な被害を受け、特に戸倉中学校は廃校となりました。
そこで、長年地域に慣れ親しまれた旧戸倉中学校の校舎を修築・活用する形で、コミュニティの中核施設として早期再建が望まれていた戸倉公民館の再建がなされたものです。

■落成式の概要
日 時:平成28年9月10日(土) 午前10時~午前11時30分
場 所:南三陸町戸倉公民館(宮城県本吉郡南三陸町戸倉字沖田69番地:旧戸倉中学校)
出席者:佐藤 仁 南三陸町長
    フローリアン・イェーガー 駐日ドイツ連邦共和国大使館一等書記官
    佐藤 泰一 戸倉コミュニティ推進協議会会長
    後藤 陸男 南三陸町行政区長・行政連絡員連絡協議会副会長(藤浜行政区長)
    三浦 ひろみ 戸倉婦人会会長
    熊谷 敏正 南三陸町老人クラブ連合会副会長(荒町高齢者クラブ会長)
    藤田 昌弘 日本赤十字社 東日本大震災復興支援推進本部副本部長 他

次 第:

1 入館セレモニー ①アトラクション(行山流水戸辺鹿子躍保存会)②テープカット

2 式典      ①開式 ②経過報告 ③式辞 ④挨拶 ⑤祝辞 ⑥来賓紹介 ⑦アトラクション (戸倉小学校心輪海) ⑧閉式 ⑨施設見学

■施設概要

(1)建   物  建築面積(=延床面積) 2,438.08㎡

(2)施設の概要  鉄筋コンクリート造2階建て
          1階 多目的室、視聴覚・研修室、調理実習室、会議室 等
          2階 防災学習室、多目的ホール、文化財展示室、伝統芸能練習室 等

(3)着 工 日  平成27年11月26日

(4)竣 工 日  平成28年8月8日