21カ国の海外青少年ボランティアと日本の高校生が集結し「防災」について考える~平成28年度青少年赤十字国際交流集会 ”Tokyo 2016”~

日本赤十字社は、11月3日から4日間、平成28年度青少年赤十字国際交流集会 ”Tokyo 2016”(文部科学省後援)を国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都渋谷区)で開催します。アジア・大洋州地域と日本の学生との相互理解と親善を目的に開催されます。
30回目を迎える今年のテーマは「防災教育」。防災先進国の日本で、グループ・ディスカッションやフィールドワーク、活動紹介などを通じて防災知識を高め、自分の国や学校で
伝えていくことが参加者の使命です。


前回参加した海外メンバーは、「私の人生の中で最も忘れられない思い出となりました」、「多くのことを学び、経験しました。帰国後は、日本での体験談を多くの人に広めていきたい」との感想が、日本の高校生メンバーからは、「言葉が通じなくてもわかりあえた瞬間の喜びに感動しました」、「今後の自分がどうあるべきかを真剣に考えることができました」との感想が寄せられました。

■日時:平成28年11月5日(土)
 ① 8:30~13:30 「防災」をテーマにしたディスカッション
 ②13:30~16:00 ディスカッションの発表
 ③18:15~20:45 文化交流(民族衣装での舞踊 他)

■会場:国立オリンピック記念青少年総合センター (東京都渋谷区代々木神園町3-1)

■参加国:アフガニスタン、バングラデシュ、カンボジア、ラオス、モンゴル、ミャンマー、ネパール
モルディブ、パキスタン、フィリピン、トンガ、バヌアツ 他