【東日本大震災・復興支援事業】福島県の仮設住宅でバレンタインのプレゼント~日赤×ANA「バレンタイン特別企画」2月14日開催~

日本赤十字社(以下、日赤)と全日本空輸株式会社(以下、ANA)はバレンタインデーの2月14日、福島県内の仮設住宅にお住まいの方の健康維持とコミュニティー活性化などを目的に、「バレンタイン特別企画~健康教室&水引細工作り」を開催します。

東日本大震災からまもなく6年。被災地の復興を支援する両社がタイアップして実施する取り組みです。


バレンタイン企画は、平成26年2月以来4回目となります。集会所を飛行機の機内風に飾り付け、ANA客室乗務員がドリンクサービスを行うほか、両社のボランティアにより水引を使用しての小物作りなどを通して参加者に楽しいひと時を過ごしていただきます。

 
ANAグループには、これまで、被災地の方を神戸ルミナリエに招待するイベントへの往復航空券の無償提供や、東日本大震災に対する国内外からの支援に感謝を伝える広報展開でご協力いただいたほか、全国の赤十字病院の患者さんに「すずらんの押し花しおり」を毎年贈ってくださるなど、日赤の事業に対してさまざまなご協力をいただいています。


■ 実施概要
名 称   日赤×ANA復興支援イベント「バレンタイン特別企画~健康教室&水引を使った小物作り~」
日 時   平成29年2月14日(火) 11:00~15:00
場 所   安達運動場仮設住宅 B集会所 (二本松市油井字長谷堂230)
参加者   安達運動場仮設住宅にお住いの方 25名


■ イベント内容
(1)11:00~ 健康チェック(血圧、体脂肪測定)
(2)11:30~ 日赤県支部活動紹介DVD
(3)11:50~ 開会、記念写真
(4)12:00~ 健康教室
(5)13:00~ 昼食、お茶会(機内で提供しているドリンク等をサービス)
(6)14:00~ 水引細工作り
(7)15:00~ 閉会