【バングラデシュ南部避難民救援 】 9/22、日赤が巡回診療型チームを派遣

2017年8月24日以来、ミャンマーのラカイン州では暴力行為が相次ぎ、バングラデシュへ避難する人びとは40万人以上にのぼり(9月19日現在・国連発表)、現地では水やシェルター、食料などが不足。医療機関や公的サービスは逼迫した状態が続いています。

日本赤十字社は医師、看護師、事務職員からなる先遣調査隊を9月16日に派遣しました。その調査結果を元に、この度、国際赤十字・赤新月社連盟を通じて、巡回診療型ERUを派遣することを決定しました。現地赤新月社の医療活動を支援する形で、避難者キャンプ等を巡回し、診療等を行う予定です。

※「バングラデシュ南部避難民」:国際赤十字では、政治的・民族的背景および避難されている方々の多様性に配慮し、『ロヒンギャ』という表現を使用しないこととしています。


1.  派遣者(追加派遣者は調整中):
(1)喜田 たろう(きたたろう)大阪赤十字病院(チームリーダー)
(2)古宮 伸洋(こみやのぶひろ)日本赤十字社和歌山医療センター(医師)
(3)城下 卓也(しろしたたくや)熊本赤十字病院(医師)
(4)苫米地 則子(とまべちのりこ)日本赤十字社医療センター(看護師)
(5)安部 香織(あべかおり)熊本赤十字病院(看護師)
(6)宮川 陽子(みやがわようこ)名古屋第二赤十字病院(看護師)
(7)赤井 智子(あかいともこ)日本赤十字社医療センター(助産師)
(8)丁野 美智(ちょうのみち)高知赤十字病院(助産師)
(9)新居 優貴(にいゆうき)名古屋第二赤十字病院(技術要員)
(10)雪本 江里子(ゆきもとえりこ)大阪赤十字病院(薬剤師)


2. 派遣期間:平成29年9月22日(金)~ 約4週間