11/20「イラン・イラク地震の救援金」受け付け開始

11月13日(現地時間12日)、イランとイラクの国境付近の山岳地帯でマグニチュード7.3の地震が発生。両国合計で死者数は少なくとも440人、負傷者は8000人以上、7万人以上が住む所を失い、冬を迎えた現地では被災者への早急な支援が求められています。
地震発生直後から、イランとイラクの両国赤新月社(イスラム圏の赤十字社)が大規模な救援活動を展開し、行方不明者の捜索救助、医療班派遣、避難者への毛布やテントなどの救援物資の配布、がれきの撤去などを24時間体制で実施しています。
日本赤十字社は、両赤新月社と連絡を取り、地震被災者の救援のため資金援助の実施を決定。また、12月1日から始まる「NHK海外たすけあい」募集の一環としてイラン・イラク地震の救援金を募集することとします。

資金援助

イラン赤新月社およびイラク赤新月社にそれぞれ500万円を支援
 ※両社が地震被災者に対して実施している緊急救援および復興支援活動に充てられます。

救援金

(1)募集期間
  平成29年11月20日(月)から平成29年12月25日(月)まで

(2)受付口座
ゆうちょ銀行
    口座番号 00120-5-220
    加入者名 日本赤十字社(ニホンセキジュウジシャ)
    (注1)通信欄に「イラン・イラク地震」と明記のこと。
        また、受領証を希望される方は、併せて「受領証希望」と明記のこと。
    (注2)窓口での取り扱いの場合、送金手数料は無料であること。

都市銀行
    ア)三井住友銀行    すずらん支店 (普)2787771
    イ)三菱東京UFJ銀行 やまびこ支店 (普)2105776
    ウ)みずほ銀行      クヌギ支店  (普)0623412
    ※口座名義はいずれも「日本赤十字社(ニホンセキジュウジシャ)」