社員について

日本赤十字社の活動は、赤十字の理念に賛同し、支援くださる社員(会員)によって支えられています。特に災害救護、防災・減災への取り組み、国際救援や講習事業の普及などの活動は、社員(会員)の支援がないと成り立ちません。

現在、日本赤十字社は個人社員960万人、法人社員12万社のご協力によって支えられています。

また、社費(会費)のほかに広く一般の方がたから寄せられる「寄付金」によって活動が支えられています。

個人・法人を問わず、どなたでも社員(会員)になることができます。赤十字事業の原動力であり、組織の根幹をなすもので、日本赤十字社では、一人でも多くの方に社員になっていただけるよう、お願いしています。

社員は、次のような権利を有しています。

  • 日本赤十字社の役員、代議員を選出したり、選出されたりすること。
    (ただし法人社員には被選挙権がありません。)
  • 毎事業年度の日本赤十字社の業務および収支決算の報告を受けること。
    (公告をもってこれに代えることができます。)
  • 日本赤十字社に対し、その業務の運営に関し、代議員を通じて意見をのべること。

社員になりたい方はこちら