遺産・相続財産等の寄付

近年、大切な方を亡くされた方々から、「故人の遺産を社会のために役立ててほしい」「これまで築いた財産の一部を赤十字に寄付したい」というご相談やお申し出を多くいただいています。

日本赤十字社では、このような皆さまの尊いご意思に応えるために、遺贈による寄付・相続財産の寄付を承っております。

遺贈・相続財産の寄付については、ご案内パンフレットもございますので、PDFをご参照いただくか下記担当窓口までどうぞご連絡ください。

遺贈・相続財産の寄付 ご案内パンフレット(PDF:1.3MB)

遺産による寄付

遺贈とは:遺言により、自分の築いた財産を人びとに分けること。

遺言書の内容により、遺産の受取人やその内容を指定することができます
(遺言による相続は、民法が定めている法定相続の規定よりも優先されます)。

この遺言による方法で、財産の一部の受取人として日本赤十字社を指定することができます。

遺贈内容の検討や作成の際は、信託銀行や弁護士などの専門家に相談されることをお勧めします。日本赤十字社では、各信託銀行と業務提携していますので、遺言書の作成や保管など、遺言信託にかかわる詳しい内容については各金融機関までお問い合わせください。

三井住友銀行 プライベートアドバイザリー部 遺言信託業務室 TEL:03-4333-4114

三井住友信託銀行 相続・遺言相談デスク TEL:0120-181-536

みずほ信託銀行 信託総合営業第五部 TEL:03-3274-3221

三菱UFJ信託銀行 本店営業部 TEL:03-6250-4141

りそな銀行 相続・遺言ご相談ダイヤル TEL:0120-43-3704(シサンミナオシ)

相続財産の寄付

ご遺族の方が相続された財産を相続税の申告期限内(相続開始から10カ月以内)に日本赤十字社にご寄付いただいた場合、その寄付された財産には相続税がかかりません(税制上の優遇措置が適用されます)。

※日本赤十字社が発行する「相続財産の寄付に関する証明書」を添付して相続税の申告をしていただく必要があります。
証明書を希望される方は下記〔担当窓口〕までご連絡ください。

お香典の寄付

お香典の寄付の画像

お香典返しをする代わりに、「故人の遺志を社会のために生かしたい」というご遺族が増えています。お香典をご寄付いただいた場合には、ご希望によりお礼状を用意させていただきます。

便箋・はがき・カードの3種類をご用意しております。

故人名と日付は空欄です。

担当窓口

日本赤十字社 パートナーシップ推進部 会員課

TEL: 03-3437-7081 FAX: 03-3432-5507

お問い合わせフォーム