赤十字活動を支援する

「苦しんでいる人びとを救いたい」という思いを結集する赤十字の活動に賛同いただき、ご協力をお願いいたします。

日本赤十字社の活動実績

世界中で苦しんでいる人のために、わたしたちは人道支援活動を行っています。(2013年度実績)

活動の詳細を見る

日本赤十字社では、皆さまの思いを九つのかたちにして事業を展開しています。

寄付の使いみちを見る

皆さまから寄せられた寄付は、日本はもとより世界中で、人びとのいのちと健康、尊厳を守る赤十字活動に役立てられます。

支援方法

赤十字社の活動への支援の参加方法は下記の二通りがございます。

毎年一定額以上の資金協力をいただける方法です。

毎月のご協力も可能です。
詳しくは「会員について」をご覧ください。

入金の方法

インターネットで簡単に赤十字会員に参加できます。(1回2000円以上)

「会員加入申込書」をお送りいただくことで、預金口座振替(自動引き落し)により継続して(毎年もしくは毎月)会費を納入していただくことになります。(1回2000円以上)

各都道府県支部または市区役所、町村役場の窓口(地区・分区)でお申し出ください。

※上記以外にも赤十字ボランティアや町内会・自治会を通じた協力方法があります。

クレジットカード・銀行振込・コンビニエンスストア・Pay-easy(インターネットから申し込み)

インターネットでカンタンにお手続きができます。(1回2000円以上)

受領証の日付について

※受領証は日本赤十字社にてご入金が確認できた日付で発行しております。クレジットカードや銀行振込などを通じてご寄付をお申し込みされた場合、お申し込み日ではなく、各決済代行会社から日本赤十字社に入金された日付となります。決済方法により、お申し込み日と入金日が2~3カ月異なりますこと(とくにクレジットカード決済の場合)、ご了承ください。

※ご寄付の種類により領収書発行時期が異なります。

(注)クレジットカードの場合、お申し込み日の翌月末となります。

※ただし翌月末が土日祝日などで金融機関が営業していない場合は、翌営業日(お申し込み日の翌々月初)となります。

※確定申告の際には、ご注意ください。

(例)

<お申し込み日>平成27年11月1~30日

<日本赤十字社へ入金される日>平成28年1月4日

<受領証の日付>平成28年1月4日

ご協力はこちらから

郵便振替を利用する

郵便局に備え付けの振替用紙に、下記事項をご記入のうえお振り込みください(手数料はかかりません)。

口座番号:00110-2-5606

口座名義:日本赤十字社

※窓口で手続きを行った場合、振込手数料はかかりません。
(ATMをご利用された場合、振込手数料がかかることがあります)

※通信欄に、「事業資金」とお書きください。また受領証をご希望の場合は、「受領証希望」とお書きください。(その際、振込人欄にお名前とご住所を明記してください)

なお、ご希望の方には日本赤十字社専用の郵便振替用紙をご送付いたしますので、下記[担当窓口]までご連絡ください。

記入例

日本赤十字社

記入例

楽天銀行を利用する

楽天銀行へは、各金融機関の運営するネットバンキングやATMからのお振り込みも可能です(金融機関が設定する振込み手数料が別途かかります)。

銀行・支店名:マーチ支店(支店番号211) (普)7009729 口座名義「日本赤十字社」

楽天銀行

担当窓口

日本赤十字社 パートナーシップ推進部

TEL 03-3437-7081 FAX: 03-3432-5507

お問い合わせフォーム

赤十字提携クレジットカードでのご寄付

カードショッピングご利用額の一部がカード会社を通じて日本赤十字社に寄付されます。詳細は下記をご覧ください。

赤十字DCカード

赤十字DCカード

Master Card、ゴールドカードもお選びいただけます。

赤十字オリコカード

赤十字オリコカード

Master Card、JCBカードもお選びいただけます。

担当窓口

日本赤十字社 パートナーシップ推進部

TEL 03-3437-7081 FAX: 03-3432-5507

お問い合わせフォーム

個人情報について

日本赤十字社は、会費、寄付金(「海外たすけあい」を含む)、海外救援金、国内災害義援金へのご協力に際して取得する個人情報について、厳重に管理・保護を行うとともに、日本赤十字社(本社及び都道府県支部)が行う以下のような広報活動や事業資金等の募集活動の目的のためにのみ使用します。

  • 会員や寄付者の皆さまのご協力実績を記録するため。。
  • 受領証やお礼状、収支決算、活動報告等の情報をお届けするため。
  • 会費、寄付金(「海外たすけあい」を含む)、海外救援金及び国内災害義援金に関するご案内及びご協力のお願いをお届けするため。
  • その他、皆さまへ重要なご連絡をする必要が生じた場合のため。