企業活動と医療機関等の関係の透明性に関する日本赤十字社の指針

日本赤十字社の血液事業部門は、日本赤十字社の使命と基本原則に基づき、血液製剤の開発・製造販売にかかる事業活動を行うにあたり、日本製薬工業協会で定める「製薬協企業行動勲章」、「製薬協コンプライアンス・プログラム・ガイドライン」、「医療用医薬品プロモーションコード」をはじめとする関係諸規範およびその精神に従い、医療機関等との関係の透明性に関する方針を表明し、情報を公開することといたしました。

本指針の表明は、善意の献血者からいただいた献血血液をもとに造られた血液製剤が、医学・薬学をはじめとするライフサイエンスの発展に寄与していること、当事業活動は高い倫理性を担保した上で行われていることについて、広く理解を得ることを目的としています。

「企業活動と医療機関等の関係の透明性に関する日本赤十字社の指針」(PDF:410KB)

情報の取り扱いについて

本ページでは「企業活動と医療機関等の関係の透明性に関する日本赤十字社の指針」に基づき、医療機関等への資金提供にかかわる情報を公開しています。

本ページは、以下に同意した上でご利用くださいますようお願いいたします。

1.次の行為を行わないでください。

  • 本ページで得られた情報の営利目的での利用
  • 本ページの情報の無断複製、他へ転載
  • 弊社または第三者の信用・名誉を毀損もしくはプライバシー等の権利を侵害するまたはそのおそれがある行為
  • 弊社または第三者に不利益・損害を与える行為またはそのおそれがある行為
  • 犯罪行為または犯罪に結びつく行為、またはそのおそれのある行為

2.情報等の利用によって発生する直接または間接の損失、損害等については、一斉の責任を負いません。

3.提供している情報は、掲載後に変更が生じることがありますので、予めご了承ください。