「日本赤十字社使用ガイド付きの医薬品集(フォーミュラリー)導入手順書」を公開

 日本赤十字社は、使用ガイド付きの医薬品集(フォーミュラリー)を各医療施設が容易に導入できるようにすることを目的(背景)に令和2年1月7日に「日本赤十字社使用ガイド付きの医薬品集(フォーミュラリー)導入手順書」を作成いたしました。

 フォーミュラリーとは、医薬品の有効性・安全性など科学的根拠と経済性を総合的に評価して、医療機関や地域ごとに策定する医薬品の使用指針となります。

 この手順書には、主に次にような事項がまとめられています。
  ・フォーミュラリー導入の目的
  ・フォーミュラリー作成の手順
  ・フォーミュラリーの実践
  ・医療とフォーミュラリー

  ・フォーミュラリー作成例

 令和2年4月1日、各医療施設が独自にフォーミュラリーの導入に向けた検討を行うためには、時間と労力を要します。このフォーミュラリー導入手順書を利活用することで、効率よく導入することができるため、より多くの医療機関の皆様にも公開、提供することといたしました。
自施設のフォーミュラリー導入のための参考資料としてご活用いただければと存じます。

▼活用に当たっての注意事項:
 ・自施設の状況にあわせてご活用下さい。

▼フォーミュラリーについてのお問い合わせ先
日本赤十字社医療事業推進本部/日赤薬剤師会(編集・発行)
〒105-8521
東京都港区芝大門1丁目1番3号
TEL 03-6860-8192
FAX 03-3438-1339

  E-mail iryo-yakuhin@jrc.or.jp

▼フォーミュラリー添付(ダウンロード)
●日本赤十字社使用ガイド付きの医薬品集(フォーミュラリー)導入手順書