日本赤十字社幹部看護師研修センター

日本赤十字社幹部看護師研修センターとは

将来、医療機関の幹部としての活躍が期待される看護師などに対して、高度な研修を継続して行う教育機関が「日本赤十字社幹部看護師研修センター」です。日本赤十字社の救護・看護業務、看護管理の向上に力を発揮していける能力開発を目指します。

赤十字看護師には、赤十字の理念である「人道」を指針に、すべての人びとのあらゆるニーズに応えられる活動が求められています。

そのためには、独創性と創造的な看護実践能力が不可欠です。幹部看護師研修センターはこれらの能力を伸ばし、赤十字組織の推進者・変革者として活躍できる幹部看護師の育成を行っています。

また、当センターは、日本看護協会の認定を受けた「認定看護管理者教育機関」でもあります。赤十字施設以外の方を対象にした、ファーストレベル、セカンドレベル、サードレベル、各コースの募集も行っています。

そのほか、厚生労働省所定の実習指導者講習会の受講生も募集しております。

2017(平成29)年度 研修の概要

28curriculum.JPG

2017(平成29)年度研修科目

28curriculum2.JPG

赤十字施設以外の受講生の募集について

現在、2017(平成29)年度認定看護管理者教育課程ファーストレベルコース・セカンドレベルコース・サードレベルコース・実習指導者講習会の受講生を募集しています。詳しくは募集要項をご覧ください。

日本赤十字社幹部看護師研修センター平成29年度研修のご案内(PDF:316KB)

また、受講を希望される方は必要書類を添付の上、平成29年度日本看護協会認定看護管理者教育課程・実習指導者講習会申込書を下記宛てに郵送してください。

平成29年度日本看護協会認定看護管理者教育課程・実習指導者講習会申込書(WORD:26KB)

詳細につきましてはお気軽に、日本赤十字社幹部看護師研修センターまでお問い合わせください。

応募締め切り

ファーストレベルコース
ファーストレベルコース+実習指導者講習会
締め切り:

平成29 年1月12 日(木)必着
セカンドレベルコース
サードレベルコース
実習指導者講習会

沿革

1907年(明治40年) 日本赤十字社の看護婦長養成(特定学科講習生)の教育を開始
1963年(昭和38年) 日本赤十字社幹部看護婦研修所と改称
2003年(平成15年) 日本赤十字社幹部看護師研修センターと改称し、短期の看護管理者研修実施。
赤十字看護管理者研修Ⅰ・Ⅱを開始する。
2005年(平成17年) 赤十字看護管理者研修Ⅲを開始する。
2008年(平成20年) 赤十字専科研修を開始する。

お申し込み・お問い合わせ先

日本赤十字社幹部看護師研修センター

〒150-0012 東京都渋谷区広尾4-1-3(日本赤十字看護大学5階)

TEL:03-3499-1709 FAX:03-3407-1269

Eメール:kanbu-ns@jrc.or.jp

交通アクセス

JR渋谷駅より都バス(学03)日本赤十字社医療センター行終点下車

JR恵比寿駅より都バス(学06)日本赤十字社医療センター行終点下車

東京メトロ日比谷線広尾駅六本木寄り口下車徒歩15分