水の事故(遊泳時の注意)

泳ぎに行くには、だいじな注意がいろいろあります。

大切なことを守って、安全に水泳を楽しみましょう。

出かける前・泳ぐ前の注意

泳ぐ前の注意事項

  • 健康状態をよく調べる(顔色、熱、目や耳の異常など)
  • 睡眠不足や、疲れているときは泳がない
  • 空腹時や食事直後は入らない
  • 飲酒後や二日酔いの水泳は厳禁
  • トイレはすませる
  • 水着や水泳帽はきちんとつける
  • 準備運動をかならず行う
  • 泳ぐ人数を確認する(点呼)

水泳場と指定された場所には、必ずルールがあります。

ルールは、自分自身だけでなく、そこで泳ぐすべての人の安全を守るものですので、しっかり守りましょう。

泳ぐときの注意

泳ぐときの注意

  • 誰もいないところでは一人で泳がない
  • 初めての場所では、泳ぐ場所の確認をする
  • 暗くなったら泳がない
  • 真夏の炎天下では長時間泳がない
  • 泳げない人は、浮輪などで深いところへ行かない
  • 泳ぎに行く時は行き先や帰宅の予定時刻、誰と行くのかを家の人に伝えておく
  • 悪ふざけや溺れたまねをしない
  • 指導者、監視員の指示に従う
  • 自分の泳力を過信せず、決して無理をしない
  • 水の動き(潮流、波、排水口)や天候の変化などに注意する
  • 水中の生物にむやみに手をださない

水泳はかなり体力を使うスポーツです。

定期的に休憩をとり、体力の回復と健康チェックを行いましょう。

休憩時の注意

休憩時の注意

  • 全身の水をよくふきとる
  • 日陰で休む
  • 激しい運動をしない
  • 水分をとる(冷たい飲み物はさける)
  • シャツなどを着て、保温と日焼け防止をする
  • 耳・鼻の水を取り、体に異変がないかチェックする

集団水泳は、個人の自由な水泳とは異なり、企画者やスタッフが十分に準備して行う必要があります。

集団で泳ぐとき、企画者やスタッフが注意すること

泳ぐ前の注意

  • 泳ぐ人の名簿の作成し、泳ぐ人の数をしっかり把握する
  • 十分なスタッフの人数を揃え、役割分担をはっきりさせておく
  • 水泳指導者は参加者10人に1人、監視者は参加者30人に1人の割合で配置することが望ましい
  • 水泳指導者と監視者は役割が違うため、必ず別々の人が行うようにします
  • 事故防止の対策と事故が発生したときの準備をしておく

泳いでいるときの注意

  • 体調の優れない人は決して無理をさせない
  • 監視者は常に監視に専念し、水泳指導は行わない
  • 泳ぐ人をグループで行動させる
  • 泳ぐ区域を決める
  • 泳いでいるときも、常に点呼(人数確認)を行う

泳いでいないときの注意

  • 休憩もプログラムのひとつであるため、必ず休ませる
    (プログラムにもあらかじめ決定して明記しておく)
  • 水泳場内では解散しない
    (解散後、個人で水に入って事故を起こす例が多いため)