痙攣

痙攣(けいれん)は、全身にみられる場合と、体の一部にみられる場合とがあります。頭のけが、脳卒中、てんかん、中毒、熱中症や、こどもでは発熱などによって起こることが多く、まれに重い病気が原因のときもあります。

症状(てんかん発作)

  • 突然意識がなくなり、全身がまずかたくつっぱり、次いで全身ががたがたと律動的に痙攣(けいれん)します。
  • 呼吸困難となり、顔色は青く、チアノーゼがみられることが多い。
  • 歯をくいしばったり、白目をむくことがあります。
  • 尿や便を失禁する場合もあります。
  • ときには吐いたり、口から泡を出したりもします。
  • 痙攣(けいれん)が長引くと呼吸ができにくいので危険ですが、大体1~2分間、長くても5分以内でおさまるのが普通です。

手当

  • 衣服のボタンをはずし、楽に呼吸ができるようにします。
  • 分泌物や嘔吐物で窒息の恐れがあるときには、回復体位もしくは顔を横に向けて気道を確保します。
  • 発作時には倒れて体を強く打つことが多いので、全身、特に頭を打っていないかよく調べます。
  • 保温します。
  • 痙攣(けいれん)の発作中、奥歯の間に割り箸、手ぬぐいなどを入れることは避けます。舌や口内をきずつけたり、舌を喉に押し込んだり、呼吸困難を起こすことがあります。
  • 名前を呼んだり、ゆり動かして刺激を加えたり、無理に押さえつけたりしません。
  • 急いで医療機関に搬送します。
    痙攣(けいれん)の原因の診断には、正確な情報が唯一の手がかりとなるので、以下のことを要領よくまとめて医師に報告します。
    • どんな痙攣(けいれん)
    • いつ(どんなときに)
    • どんなところで
    • どうして(どのようなことがあった後で)
    • どんなふうに起こった
    • どのくらい続いたか(持続時間)