心臓発作

心臓発作とは、冠動脈(心臓の筋肉を養う血管)に突然異常が起こり、狭心症や急性心筋梗塞、さらには不整脈による心停止などの心臓の急な病気を指し、いずれも生命に重大な危険を及ぼします。

狭心症とは、冠動脈の血液の流れが悪くなったときに起こり、胸をしめつけるような痛みを生じます。心筋梗塞とは、冠動脈の一部の血液の流れが止まり、その部分の心筋に栄養や酸素が不足し心筋細胞が死んでいく(壊死)ことをいい、狭心症よりも痛みが強く長く続きます。

狭心症や心筋梗塞などの心臓病は、我が国の死因の高順位を占める病気です。心臓発作は、短時間で状態が悪化し致命的になる危険性がありますので、一刻も早く専門医のいる医療機関で診療を受けさせます。

症状

  • 胸が「締め付けられる」「重苦しい」「ぐっと絞られる」「焼け付くような感じ」と表現される痛みがあります。
  • 胸だけでなく、背中、肩、両腕、上腹部、喉などに痛みが生じることがあります。
  • 顔面が蒼白になり、冷や汗をかきます。
  • 胸を押さえた後、うずくまったり、倒れたり、痙攣を起こしたりします。

手当

  • 直ちに119番通報します。
  • 反応(意識)があるときには、楽な姿勢をとらせて深呼吸をさせます。
  • 傷病者が医師から服用を指示された薬を持ち、それを自分で服用できないときは補助(傷病者本人にその意思があるにもかかわらず、行為を行うことができない場合に助ける)します。
    ※狭心症などの患者がニトログリセリン薬を使用しても症状が治まらない場合は、心筋梗塞が疑われます。
  • 原則として飲食物は与えません。
  • 全身を保温し観察を続けます。
  • 反応(意識)を失ったら、一次救命処置の手順により手当を行います。