溺れた人の手当

溺れた人の手当

水難事故においても、できる限り早く心肺蘇生法を実施することが大切です。

  • 一刻も早く気道を確保し、水を吐かせるより先に人工呼吸をする。
  • 背が立ち、救助者の安全が確認できれば、傷病者の顔を水面上に出して人工呼吸を始める。
  • 水中では効果的な心肺蘇生法を行うことがむずかしいので、なるべく早くボートに乗せるか、水際に引き上げる。
  • 冷水の中に長時間水没していた溺者が蘇生した例もあるので、あきらめずに蘇生の努力を続ける。
  • もし、水を吐かせる必要があるときは、傷病者を横向きにし、背中を救助者の大腿部で支え、上腹部を軽く押し、口の角を引き下げて流し出させる。