平成30年7月豪雨災害②

被害が大きい岡山県、広島県を中心に、医療救護班を派遣し、救護所における診療や巡回診療などを行っています。また、赤十字ボランティアも被災地で活動を行っています。

最新の救護速報はこちら


支部災害対策本部で活動内容を決める(日赤広島県支部)

医師、看護師らがチームを組んで行う巡回診療(岡山県 岡田小学校)

何気ない会話を交えながら診療する医療スタッフ(岡山県 薗小学校)

安眠セットなど救援物資を配布(日赤広島県支部)

避難所のどこでも声をかけて体調を伺う(岡山県 岡田小学校)

熱中症で緊急搬送された方の応急処置(岡山県 岡田小学校)

室内の感染症予防のために泥を落とす赤十字ボランティア(岡山県内)

道路状況に詳しい地元の赤十字ボランティアと協力して活動(日赤広島県支部)

kumamoto_7.JPG