フィリピン中部台風復興支援セミナー コミュニティを支える~母と息子の語る地域の底ぢから~

日本赤十字社は、2013年11月、超大型の台風「ハイヤン」により、大きな被害を受けたフィリピン・セブ島北部を中心に、地域復興支援に取り組み今年度をもって完了。


このたび、セブ島北部に2年余り駐在し、被災者住宅の供与、生計向上支援等、復興支援に従事した吉田拓調整員と、その母の吉田千文教授が支援セミナーを開催します。

吉田千文教授は、聖路加国際大学で教鞭をとり、日本の地域社会、とくに過疎とされる地域でのコミュニティのちから、また看護のありかたについて論考を重ねる看護学研究者です。

母と息子がそれぞれの取り組みを通じて、地域社会のレジリエンス(回復力、地域の底ぢから)とは、地域再建の過程での支えとはなにか、を語り、また皆様とともに考える機会と致します。

1 日 時   平成29年3月28日(火)18:00~20:00 (開場17:45)
 2 場 所   日本赤十字社 本社1階 クロスラウンジ (東京都港区芝大門1-1-3)
 3 登壇者
   ◆ 吉田拓(日本赤十字社フィリピン・セブ北部復興支援事業調整員)
   ◆ 吉田千文(聖路加国際大学看護学部教授)
※ 参加費無料