【速報】バングラデシュ南部避難民※ 救援金の受け付けを開始、日赤の医療チームを現地派遣

8月24日以来、ミャンマーのラカイン州では暴力行為が相つぎ、バングラデシュへ避難する人びと※が急増。その数は40万人以上にのぼっています(9月18日現在・国連発表)。現地では、地元行政や他の援助団体との連携のもと、バングラデシュ赤新月社の医療班による巡回診療やボランティアらによる飲み水や救援物資の配布など、懸命な救援活動が続けられていますが、避難民の急増に逼迫し、栄養不足や衛生状態の悪化から、とくに妊産婦や子ども、お年寄りといった災害弱者の健康状態の悪化が懸念されています。

※国際赤十字では、政治的・民族的背景および避難されている方々の多様性に配慮し、「ロヒンギャ」という表現を使用しないこととしています。

■日赤の医療チームを派遣

国際赤十字では、急激な避難民の増加を受け、9月15日、これまでの支援を3倍に拡大する緊急アピールを発表(総額1276万スイスフラン=約14.7億円)。日本赤十字社も、現地で高まる医療ニーズに応えるため、国際赤十字の要請をうけ、先遣隊に引き続き、本日、医師・看護師・助産師ら医療チーム (第1班)を現地に派遣します。チームは、現地赤新月社の医療活動を支援する形で、避難者キャンプ等を巡回し、診療等を行う予定です。

■救援金の受付を開始

急増する避難民の状況が深刻化する現状を踏まえ、本日9月22日より、下記のとおり救援金の受け付けを開始します。ご寄付いただいた救援金は、日赤による保健医療支援に加え、避難されている方々の食料や生活必需品の確保、安全な水や衛生などの緊急ニーズに応えるとともに、こころのケアや離散家族支援などに充てられます。皆さまの温かいご支援をよろしくお願いいたします。

救援金受付名:「バングラデシュ南部避難民救援金」

1. 受付期間 
平成29年9月22日(木)から平成30年3月31日(土)

2. 協力方法
(1)ゆうちょ銀行・郵便局
   口座番号 00110-2-5606
   加入者名 日本赤十字社(ニホンセキジュウジシャ)
   ※ 通信欄に「バングラデシュ南部避難民」と明記してください。
    また、受領証を希望される方は、併せて「受領証希望」と明記してください。

(2)銀行振込
  三井住友銀行 すずらん支店 普通 2787769
  三菱東京UFJ銀行 やまびこ支店 普通 2105774
  みずほ銀行 クヌギ支店 普通 0623404

※ 口座名義はいずれも「日本赤十字社(ニホンセキジュウジシャ)」
 ※ ご利用の金融機関によっては、振込手数料が別途かかる場合がございます。
 ※ 受領証が必要な場合は、日本赤十字社まで下記事項をご連絡ください
  ①ご協力された救援金名 ②お名前(受領証の宛名) ③ご住所 ④電話番号 
  ⑤ご寄付された日 ⑥寄付額 ⑦お振り込み名 ⑧お振り込み金融機関名・支店名

(3)クレジットカード・コンビニエンスストア・Pay-easyによるご協力
   こちらのサイトをご利用ください。

〇振り込みにかかる日本赤十字社連絡先窓口  

 日本赤十字社 パートナーシップ推進部 海外救援金担当

 こちらより、お問い合わせ件名を「会員(社員)・寄付について」を選択し、ご連絡ください。